介護現場における業務の効率化を図るなら介護ソフトを取り入れよう

PCと介護士の女性

現場の職員の一手間を減らす介護ソフト

介護保険サービスを提供するサービス提供事業者は全て、それぞれの利用者についてPDCAサイクルに沿ったサービスを提供しなければなりません。概ね生活相談員等が、個別支援計画を作成したり、作成した計画を評価し、反省点等を踏まえた新たな計画を実施する役割を担っていますが、日々のサービス提供において計画を実施するのは他でもなく、利用者と直接向かい合う介護職員です。
通所介護サービスにおいては、利用した日の血圧や脈拍、体温、提供した昼食や機能訓練等の項目についてサービス提供記録へ書き入れます。サービス提供事業者によっては個別に連絡帳を作成し、家族やヘルパーとの連絡手段としているところもあります。実際に行われた内容についてサービス提供記録に記入して連絡帳にも同じ内容を転記する、これを利用者分作成するとなると多大な時間が必要になります。
介護ソフトでは、提供記録で入力した内容をいとも簡単に連絡帳へとコピーすることもできますし、実際の様子を写真で伝える等のプラスアルファができます。サービス提供の合間に介護ソフトへ小まめに入力していれば、記録作成のために机へ立ち向かう必要もなくなるかもしれません。介護ソフトの導入は現代の介護現場のために欠かすことのできない重要なツールとなっています。

介護ソフトならスケジュール作成が自動化できて急な要望にも対応可能

介護施設や訪問サービスなどの介護事業を行う上では、スケジュール表の作成は必要不可欠です。スタッフのシフト表、施設の利用スケジュール表、訪問スケジュール表などの作成が必要なものの、これらの作成は労…

more

現場の職員の一手間を減らす介護ソフト

介護保険サービスを提供するサービス提供事業者は全て、それぞれの利用者についてPDCAサイクルに沿ったサービスを提供しなければなりません。概ね生活相談員等が、個別支援計画を作成したり、作成した計画…

more

介護ソフト導入により財務や人的管理からケア記録まで効率化が図れる

介護業務は多岐に渡り、介助など手作業のケアサービスに現場が忙殺されることがしばしばです。介護ソフトの導入で業務の効率が向上し、円滑な介護サービスの提供ができます。介護ソフトは、入居者やスタッフの…

more

介護ソフトで不足する労働力を既存のスタッフでカバーが可能になる

介護施設やサービスを行う事業者にとって悩ましいのが、人材不足の問題です。今や様々な業界において人材不足が発生しており、大きな会社でも新入社員の採用ができずにいることもあります。そのため、介護施設…

more